スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士登山その3 練習に男体山へ。

富士山に登るにあたり、体力的な問題点。
1.私の体力・・・持久力および筋力
実は、家族で私が一番弱いのです。子供たちは、学校まで毎日往復4キロの道のりを歩いている上に、スイミングで、週一回めちゃくちゃ泳いでいます。ママは仕事で、立ち詰めです。私のみ一日の歩数がきっと1000を超えない生活を送っています。
しかし・・・・ここは技術と根性で乗り切ることにします(汗)。

2.高山病対策
これが一番心配です。ネットの情報を見る限り、結構な確立で、なってしまうようで。
その上、ママは頭を手術して、2年しかたっていなく、天候が悪くなって、気圧が下がるだけで、傷がうずくしまつです。

というわけで、日帰りで行かれる山で、比較的標高も約2500mと高く、しかも標高差も約1500mと、富士山のシュミレーションというか、気休めというか・・・まあ行ってみることにしました。

詳しい内容は、男体山登山の項にかきますが、思った以上に手ごわいやまでした。訓練のつもりで、ストックも持っていかなかったのですが、わたしは、2,3日歩くのもつらい筋肉痛の悩まされましたが、家族全員の自身になりました。
富士山は標高が高く空気が薄いのですが、それ以外の体力的な部分は、クリアできると、おもいました。

富士山に初めて登ろうとお考えの関東の方は、是非男体山に登って見て下さい。
スポンサーサイト

富士登山その2 計画立案

前回投稿から、早1ヶ月を超えてしまいました。そうです。御盆休みの8月13日。無事富士山に登頂することが出来ました。
で、決意してからの行動を少しばかりかいつまんで、書いてみますと・・・・・

まず、最初にバスツアーに申し込んでみました。どこの会社だったか覚えておりませんが、何しろネットで検討すること約1時間。申し込んでしまえば後には引けないだろう作戦です。
ところが、検討するも何も、空いているツアーはすべて、東京を早朝に出発。12時に5合目。13時ごろから登り始め、8合目あたりの山小屋に17時には到着。そこで休憩して、夜中の2時ごろ出発。頂上でご来光。御鉢まわりを1時間ほどして、下山。温泉に入って、東京に20時頃到着・・・・って感じです。

まあなにしろ、申し込みました。

ただここからが・・・いろいろなブログで、富士登山の登頂記を拝見すると、どうも、お盆の最高に混雑する時期に、ご来光を頂上でみるってことが、非常に困難なことがうかがわれました。そして初めて3000mを超える山に登るのですから、ツアーがよいかなと思っていたのですが、どうも我が家の実力(たいしたこと無いですが、少しは低山に登っている)なら、ゆっくり登れば、必要なさそうだなって、感じました。

そこで、計画を練り直し。

1 登山する時間
我が家は、大人2人 小学生2人です。そして、いつも夜遅くとも、22時には就寝、5時30分には起床している朝型の一家です。特に長女は21時になると、どこでも寝てしまいます。
こんな一家に、夜登ることは、避けたいです。
ということで、3つのパターンにしぼりました。
 A 朝千葉を車で出発。シャトルバスで5合目着11時
   12時に登山開始 夕方山小屋について一泊
   ご来光みてから、ゆっくり頂上へ。

 B 前日の夜出発。キャンピングカーにとまり早朝6時のシャトルバスで5合目へ。
   7時ごろから登山開始。そのまま一気に山頂へ。帰りもそのまま下山の日帰りコース。

 C Bのとおりで、下山の時に山小屋に1泊。ご来光を見て下山。

さてAのパターンが一般的なようです。ご来光も山頂でも8合目でも感動に変わりは無いようですし、どの道天候しだいですし・・・・。ただ、最高に混雑しているこの時期は、山小屋では満足に睡眠はできなさそうです。その睡眠不足の中、山頂アタックはかなりきついかなと、かんがえました。
Bパターンは、万が一誰かが体調を崩したときに、山小屋を予約しておかないのは、やはり不安であること。
明け方から登り始められれば、よいのですが、シャトルバスの時間が6時からなのと、その6時にも果たして乗ることが出来るのかが、不安です。つまり7時から登って、8時間かかるとして、山頂が、15時。御鉢まわりをあきらめても、15時からの下山には、不安がありました。
というわけで、どうも私たちには、Cパターンがよさそうです。このパターンはネットでは、ほとんど見かけないパターンでしたが、これがよいかなとおもいました。

2 コース選択
富士山には、主に四つの登山コースがあります。四つのコースを組み合わせることも出来るのですが、車ですので、行きも帰りもおなじ5合目に帰って来たいので、一コースに絞ることにしました。
富士宮はすこし勾配がきつそうです。吉田口はものすごく込みそうです。須走口はすこし長いです。(詳しくは他のブログやHPを見つけてみてね)で、結局何回も登頂している方のおおくのブログの感想で、一番楽だったという意見がおおかった、須走口に決めました。

早速例のバスツアーをキャンセルして、須走口7合目の大陽館さんに、予約をいたしました。最初は14日の夜と思っておりましたが、13日も空いていると言うことなので、13日の夜に予約いたしました。

長々と写真も載せないで、書いてしまいましたが、ここまでが、計画を立てた様子でした。

次は訓練・・・汗・・・です。
プロフィール

muroyan

Author:muroyan
はじめまして、ムロヤンこと、室谷則明と申します。
千葉県市川市でマドリエ市川という会社(住宅建材最大手、(株)LIXILのフランチャイズ店です。)をやっています。
*マドリエ市川のHP↓
http://www.tostem-fc.jp/5000413/
おもに、地場の工務店様、ビルダー様とともに地域の住生活の向上のため、日夜活動しています。今の一押しは断熱エコリフォームです。
もちろんお近くの一般ユーザー様と、直に仕事をする機会が増えました。
特技はスクーバダイビングで、インストラクターです。
家族は、妻一人(当たり前か!)長女13歳長男11歳です。
よろしくお願いします。

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
ムロヤン関連ブログ
知覚動考
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ TFCネット ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (有)室谷トーヨー住器
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆    千葉県のまじめな工務店ポータルサイト 優しい家
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。